【ブログの見出し】役割と正しい使い方4つを解説【楽になる】

ブログ
ブロガーが登録すべきASP
もしもアフィリエイト

●サイトなしでも登録OK!
●Amazonと楽天のアフィリエイトができる!
●W報酬制度で報酬が12%UP!

悩む人
悩む人

ブログの見出しをなんとなく使ってしまっている。正しい使い方があれば教えて欲しいです。

こんなお悩みを解決します。

本記事の内容
  • ブログの見出しの役割3選
  • ブログの見出しの正しい使い方4つ
  • ブログの見出しをオシャレにカスタマイズする方法

ブログの見出しは記事においてかなり重要です。見出しは見やすさ、構成などを決めることができます。

また、SEOとしても重要になってくるので見出しの使い方に注意しないと損です。

シャモ
シャモ

ぜひこの記事で見出しの正しい使い方を身に付けてください!

この記事ではブログの見出しの役割と正しい使い方を解説します。さらに見出しをオシャレにカスタマイズする方法も解説します!

先出しすると見出しの正しい使い方4つはこちらです!↓

見出しの正しい使い方4つ
  • H2、H3、H4の順番で使う
  • 記事を書く前に見出しを配置する
  • 記事のキーワードを入れる
  • わかりやすくストレートな言葉で書く

見出しの正しい使い方を身に付けることで記事の質が上がります!

シャモ
シャモ

カンタンなのでぜひあなたのブログに役立ててください!

ブログの見出しの役割3選

まずは見出しの役割を3つ解説します。

見出しの役割3つ
  • 記事を見やすくする
  • 記事の構成を作る
  • 検索エンジンに記事の情報を伝える

見出しの役割を知っておくことでスムーズに見出しの正しい使い方を理解することができます。

1つずつ解説していきます!

役割①:記事を見やすくする

見出しは記事を見やすくする効果があります!

見出しは本文より目立つので記事を区切ることができます。

シャモ
シャモ

見出しがないと文字だらけで読む気がなくなります。。

読者にとって見出しが整っている方が見やすいです!

もし読者が見出しにストレスを感じたら記事から離脱する可能性が上がります。ユーザーのためにもわかりやすく配置しましょう!

シャモ
シャモ

読者にとって読みやすいと他の記事も読んでくれます!

役割②:記事の構成を作る

見出しは記事の構成を作る能力があります。

例えば「目次」は見出しによって構成されます。↓

見出しによって作られる目次
シャモ
シャモ

ただの飾りじゃなくて見出しは記事の重要な要素ということを知っておきましょう!

僕は記事を書く前に見出しを配置しています!それぐらい見出しは記事構成になくてはなりません!

先に見出しを置く具体的なやり方については後述します!

役割③:検索エンジンに記事の情報を伝える

見出しは検索エンジンに記事の情報を伝えることができます。

検索順位を上げてたくさんの人に記事を読んで欲しい人ほど見出しに力を入れましょう!

シャモ
シャモ

見出しは記事構成の要素なので検索エンジンも注目します。

もしあまり検索順位に記事が上がらないなら見出しを整えると良い評価が得られるかもしれません!

ブログの見出しの正しい使い方4つ

見出しの役割について3つ解説しました!

次に見出しの正しい使い方を4つ解説します!

見出しの正しい使い方4つ
  • H2、H3、H4の順番で使う
  • 記事を書く前に見出しを配置する
  • 記事のキーワードを入れる
  • わかりやすくストレートな言葉で書く

正しい使い方4つに意識することであなたの記事の質が上がります!

シャモ
シャモ

カンタンなのでマネしやすいですよ!今日からでも試してみてください!

使い方①:H2タグ、H3タグ、H4タグの順番で使う

見出しのタグは大きい順で入れ子にしましょう!

見出しのタグはH2、H3、H4となるにつれて小さくなっていきます。

良い見出しの付け方悪い見出しの付け方について画像で解説します!

良い見出しの付け方

↑の図のように入れ子にできているとベストです!

必ずH3、H4を使う必要はありません!最初はH2からで必要であればH3、H4と増やしましょう。

シャモ
シャモ

まとまったグループのようなイメージです!

悪い見出しの付け方

必ずH2から使うようにしましょう!①のようにひっくり返ると目次としてもわかりにくいです。

ありがちですがH2の次はH3というように順番に使いましょう。②のようにH3を抜かして配置すると見にくいです。

シャモ
シャモ

①と②にはぜひ気をつけましょう!

使い方②:記事を書く前に見出しを配置する

記事を書く前に見出しを配置しましょう!記事の構成が整ってブレない記事になるからです!

本文を書きながら見出しを追加するのはかなり難しいです。

見出しがあると見出しに沿って本文を書くだけで良いのでかなり楽になります。

シャモ
シャモ

先に見出しを書くと論理が通った記事を書くことができます!

「記事のテーマ」と「タイトル」が決まったら見出しを書いていきましょう!

  • まずはH2で大まかに伝えたいことを並べます。
  • 次に箇条書きの要素をH3で補っていきます。

とりあえずこの2つで完了です。

見出しを書いてから本文を書くとスムーズです!ぜひ試してみてください!

シャモ
シャモ

僕も普段から見出しを書いてから本文を書くようにしています!

使い方③:記事のキーワードを入れる

見出しに記事のキーワードを入れましょう!

キーワードを見出しに入れる

例えばキーワードが「見出し」の場合

  • 見出しの役割3選
  • 見出しの正しい使い方4つ
  • 見出しのカスタマイズ方法

などなど

キーワードがあると読む人も検索エンジンもあなたの記事を理解しやすいです!違和感がない限りキーワードを入れましょう!

シャモ
シャモ

SEOを意識するならキーワードを前半に入れるのがポイントです!

キーワードを選んでいない方は今日から選びましょう!キーワードを選ぶと検索エンジンから読者がアクセスする記事を書けます

具体的なキーワード選定のやり方は「【3ステップ】ブログ記事のキーワード選定のやり方【初心者必見】」で解説しています!

使い方④:わかりやすくストレートな言葉で書く

見出しはストレートな言葉で書くと読者にとってわかりやすいです。

できるだけカンタンで短めな言葉で読者に伝えましょう!

また箇条書きのような見出しなら「①」など番号をつけることをオススメします!

シャモ
シャモ

本文の内容が見出しだけでわかるとベストです!

ブログの見出しをオシャレにカスタマイズする方法

まずはサルワカさんの記事を見てください!ズラッと見出しが並んでいるので使いたいデザインを選びましょう!↓

シャモ
シャモ

当ブログもサルワカさんの記事から見出しを参考にしました!

選んだらWordPressの「外観」→「テーマエディター」style.cssの一番下にサルワカのコードをコピペして加えましょう!

Cocoonで見出しをカスタマイズする方法

無料テーマCocoonで見出しをカスタマイズする方法を解説します。

他の有料テーマでも似たような環境のはずなので参考になるでしょう!

シャモ
シャモ

他のテーマでもそのまま試してみてください!

まずは次のコードをコピーして「外観」→「テーマエディター」style.cssの一番下に貼り付けましょう。見出しを初期化します。

/*見出し初期化*/
.article h2,
.article h3,
.article h4,
.article h5,
.article h6
{
padding: 0;
margin: 0;
background:none;
border-collapse: separate;
border-spacing: 0;
border-top: none;
border-right: none;
border-bottom: none;
border-left: none;
line-height: normal;
position:relative;
border-radius:0;
	
}
/*見出しデザインを変える場合はこれより下に記載してください*/

初期化のコードを貼ったら、次のようにH2、H3、H4でそれぞれデザインをコピペして完了です!

.article h2 {
  /*見出しのデザイン。適宜変更してください。*/
	margin: 0.5em 0;
	padding: 1.0em 1.0em;/*文字周りの余白*/
  color: #494949;/*文字色*/
  background: #fffaf4;/*背景色*/
  border-left: solid 5px #EE8133;/*左線(実線 太さ 色)*/
}
シャモ
シャモ

「h2」ではなくて「.article h2」としましょう!

これで見出しのデザインは完了です。下にある「ファイルを更新」をクリックすると見出しのデザインが変わります。

シャモ
シャモ

さっそく記事を見て確認しましょう!色やサイズも数字を変えれば変更できます!

まとめ:見出しの正しい使い方4つを意識しよう!

見出しの正しい使い方を4つはこちらです。↓

見出しの正しい使い方4つ
  • H2、H3、H4の順番で使う
  • 記事を書く前に見出しを配置する
  • 記事のキーワードを入れる
  • わかりやすくストレートな言葉で書く

「読者」にも「検索エンジン」にも「あなた自身」にもわかりやすい見出しを目指しましょう!

シャモ
シャモ

見出しの正しい使い方4つを意識すると良い見出しが作れます。

記事のリライトで見出しを修正するのも大事です!見出しを作るときは意識しましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました