【DMMいろいろレンタル】ホームルーターのメリット・デメリット【WiMAX回線/光回線のつなぎ】

生活・節約
悩む人
悩む人

引っ越しで光回線の開通が間に合わない。短期でWi-Fiを借りたいけど、ホームルーターとかどうなの?

こんな悩みを解決します。

本記事の内容
シャモ
シャモ

こんにちは!引っ越しでWi-Fiが間に合わなくてDMMいろいろレンタルでホームルーターを借りたシャモ(@shamolife)です!

先日から一人暮らしを始めたのですが、光回線の開通が想像以上に遅いことを知って絶望していました。笑

それまでネットが使えないのが嫌で色々調べたところ、DMMいろいろレンタルからだと1ヵ月単位でWi-Fiルーターをレンタルできることが判明しました!

シャモ
シャモ

短期で借りられるだけではなく、有線も繋がるのでデスクトップPCも動かせる!

光回線が開通するまでの繋ぎとしてかなり優秀です。

そんなDMMいろいろレンタルで借りられるWiMAX回線のホームルーターについて、メリット・デメリットを紹介します。

DMMいろいろレンタルのホームルーターのメリット4つ

DMMいろいろレンタルのホームルーターは次の4つのメリットがあります。

DMMいろいろレンタルのホームルーター4つのメリット
  1. 3日後からレンタル可能
  2. 短期間のレンタルができる
  3. 有線LANが使える
  4. 工事不要でコンセント挿すだけ
シャモ
シャモ

色々とかゆい所に手が届いて個人的に好きです!

それぞれ詳しく説明します。

メリット1:3日後からレンタル可能

DMMいろいろレンタルのホームルーターは3日後からレンタルできます

以下の画像は、8月14日に撮ったスクショです。なんと、3日後の8月17日からレンタルできてしまいます!

ちなみに、僕は「[L01]WiMAX回線 ホームルーター(Micro SIM)」というものを借りました!

シャモ
シャモ

3日後に引っ越しならまだ間に合う!

しかも、いつ見てもだいたい「在庫あり」となっていて、安心感があります。

引っ越し前はやることがたくさんあって、Wi-Fi周りの注文が遅れたり、色々と大変です。

DMMいろいろレンタルでは、ぽちっと予約を押すだけで予定通りにWi-Fi環境を用意することができます。

メリット2:短期間のレンタルができる

DMMいろいろレンタルのホームルーターは1ヵ月(30日)単位でレンタルできます!

他のルーターとかモバイルWi-Fiを見ると、短くても半年以上だったり、短いと違約金があったりと契約がめんどくさいです。

しかし、DMMいろいろレンタルでホームルーターを借りると、最短1ヵ月から借りられて、逆に長期的にも期間を延ばすことができます。

しかも、「延長」というシステムがあり、レンタル中にもう少し長く借りたくなったら伸ばすこともできます。

シャモ
シャモ

期間を柔軟に変えられて使い勝手がいい!

長期にした方が、1ヵ月あたりの価格は安いので、そこはどこでも同じ感じですね。

光回線が開通するまでのつなぎとして便利です。

シャモ
シャモ

次の引っ越しでまた光回線が間に合わなかったら、利用させていただきます!笑

メリット3:有線LANが使える

ホームルーターではなんと有線LANが使えてしまいます!

有線LANじゃないと動かないデスクトップPCとかも動かせて便利です。

シャモ
シャモ

ホームルーターを知らなかったので、1ヵ月くらいデスクトップPCが使えないんじゃないかと、めちゃくちゃヒヤヒヤしていました。笑

デスクトップPCでホームルーターにつないだら速度は68Mbpsくらいでした。

シャモ
シャモ

けっこういい感じな速度!

基本的にスムーズに作業ができます!

メリット4:工事不要でコンセント挿すだけ

DMMいろいろレンタルでホームルーターを借りるには、会員登録をして住所入力して、借りたいものをポチるだけです。

あとは、予定日にホームルーターが届いてコンセントに繋ぐとWi-Fiが利用できちゃいます。

シャモ
シャモ

余計なやり取りもなくスムーズに利用できてイイネ。

忙しい引っ越し時も気軽にネット環境を準備できます!

DMMいろいろレンタルのホームルーターのデメリット3つ

いいことばかりではなく、正直微妙なところがありました。

DMMいろいろレンタルのホームルーターは次の3つのデメリットがあります。

DMMいろいろレンタルのホームルーター3つのデメリット
  1. 3日間で10GB以上使うと速度制限
  2. 短期間のレンタルだと割高
  3. コンセントがないと使えない
シャモ
シャモ

特に「3日で10GB制限」がキツイw

それぞれ詳しく説明します。

デメリット1:3日間で10GB以上使うと速度制限

なんと、3日間の合計データ量が10GBを超えると速度制限が発生します。。

仕組みは以下の画像の感じです。3日目みたいに、多くデータを使った日があるとその後3日間に影響します。

こちらはWiMAXのホームルーター全般の仕様みたいです。

ちなみにホームルーターの通常時と速度制限時の速度比較はこちらです。

速度制限時は単位が「Kbps」であることに注意
シャモ
シャモ

ん?数字増えてる!?あ、単位をよく見ると。。。

通常時は68Mbpsでしたが、速度制限時は780Kbpsとなり、基本的に1Mbspを下回ります。

1Mbps以下でできたこと
  • 検索
  • 記事閲覧
  • YouTube低画質で閲覧
  • メール送受信

意外と1Mbps以下でも色々とできますが、やっぱりストレスです。特にこのホームルーターはアップロードが弱いです。

しかしながら、実はデータ制限の時間は決まっていて「翌日の18:00~26:00(2:00)」となっています!

シャモ
シャモ

日中は普通の速度で使えるので、リモートワークも問題なくできます!

デメリット2:短期間のレンタルだと割高

短期間のレンタルだとやっぱり割高に感じてしまいます。

以下がホームルーターの料金表です。

実はこれにプラスで送料(1,100円)が追加されるので、1ヵ月だけ借りると5600円です。

ちなみに僕が使っている光回線のexcite MEC光 は1ヵ月3075円(割引つき)です。2000円くらい差があります。

シャモ
シャモ

まぁ高いけど、1ヵ月違約金なしで借りられるだけいいかな~。ネットは絶対使いたいし。

デメリット3:コンセントがないと使えない

「ホームルーター」という名前なだけに、モバイルWi-Fiとは違って外では使えません。外にはコンセントが基本ないですからね。

もし外でWi-Fiを使おうと思っている人はモバイルWi-Fiを使いましょう!

DMMいろいろレンタルではモバイルWi-Fiも借りられるので、利用してみましょう。レンタルのシステムは基本同じです!

シャモ
シャモ

僕は家で作業をするのでノーダメージ!

まとめ:DMMいろいろレンタルのホームルーターは光回線のつなぎとして優秀

DMMいろいろレンタルのホームルーターのメリット・デメリットをまとめました!

デメリットをしっかり理解していれば、引っ越し時の光回線のつなぎとして優秀だと思います。

DMMいろいろレンタルのホームルーター4つのメリット
  1. 3日後からレンタル可能
  2. 短期間のレンタルができる
  3. 有線LANが使える
  4. 工事不要でコンセント挿すだけ
DMMいろいろレンタルのホームルーター3つのデメリット
  1. 3日間で10GB以上使うと速度制限
  2. 短期間のレンタルだと割高
  3. コンセントがないと使えない

もし引っ越し後のネット環境でお困りの方は利用してみてください!

DMMいろいろレンタルはホームルーター以外にも、モバイルWi-Fi、家電、カメラ、生活用品などなど、本当に色々とレンタルできるので、「ちょいと試したい」という人に合っているサービスです。

シャモ
シャモ

ホームルーター以外も見てみるとおもしろいかも!

コメント

タイトルとURLをコピーしました