卒論における先行研究の役割と探し方3選【必須】

卒論
スポンサーリンク
悩む人
悩む人

卒論の研究に取り掛かろうとしているけど先行研究ってなんだろう。先行研究の役割と探し方があれば教えてください。

こんなお悩みを解決します。

本記事の内容
  • 卒論における先行研究の3つの役割
  • 卒論の先行研究を探す方法3選
シャモ
シャモ

こんにちは。先行研究を参考にしまくったシャモ(@shamolife)です。

本記事の信頼性
  • 理系国立大学の情報系の学部卒
  • 残り1ヶ月で卒論を書き始めてギリギリ終えた
  • 実験の大部分で先行研究を参考にした

卒論に取り組むなら先行研究がかなり重要です。先行研究があるからあなたの研究テーマがあると言っても過言ではありません。

先行研究とは

自分の研究よりも先に発表された研究。

参考にすることで自分の研究が正当だと伝えることができる。うしろだて。

この記事では先行研究の役割と探す方法を3つずつ解説します。それぞれの内容はコチラ。↓

先行研究の3つの役割
  • 実験やデータの参考になる
  • 先行研究を権威性として使える
  • データを先行研究と比較できる
先行研究を探す方法3選
  • Google Scholarを使って単語で探す
  • 先生に似た研究がないか聞いてみる
  • 選んだ論文の引用元か関連研究を探す

この記事を読めば先行研究の重要性を理解して、あなたの研究に適した論文を探すことができます。

あなたが卒論に取り組むならぜひ一度目を通してみてください!

スポンサーリンク

卒論における先行研究の3つの役割

先行研究の3つの役割はこちらです。↓

先行研究の3つの役割
  • 実験やデータの参考になる
  • 先行研究を権威性として使える
  • データを先行研究と比較できる

1つずつ解説します。

役割①:実験やデータの参考になる

あなたの研究に対してパラメーターや実験など参考にできます。結果的に楽に研究することができます。

本来はパラメーターや実験など自分で考えて0から作らないといけません。実験で考えることは意外と多いのですごく大変です。

先行研究に新規性を追加したものであれば、実験内容などもほとんど変えない方が信頼されます。

実験で取るデータも参考にすればかなり楽です!

シャモ
シャモ

僕は先行研究と似た実験をしました。違う部分もありましたが設計などを考えるのが楽でした。

役割②:先行研究を権威性として使える

先行研究があることで権威性・正当性といったものが得られます。あなたの研究の信頼性につながります。

論文の発表のときに「なぜこのデータを選んだのですか?」と聞かれたときに先行研究が無ければ困ります。

先行研究が無いと「しっかり調べていないんじゃないか」「ただの憶測じゃないか」とツッコミを入れられます。

シャモ
シャモ

「このデータは大事だと思ったので。」←だと微妙です

先行研究があれば「先行研究ではこのデータを選んでいたので」と答えることができます。

「正当な論文を元にした研究です!」と言うことができるので必須です。

しかし、中には先行研究が見つからないケースもあるでしょう。

悩む人
悩む人

僕が興味ある内容の先行研究が全くないんだけど。

シャモ
シャモ

探せば少しは近い分野もあるはずです!探し方は後述しています!

論文というのは人類の努力の結晶です。あなたが人類史上で全く新しい研究をすることはほぼありません。(宇宙人レベルの知能なら別です。)

誰かしら似た発想で似た研究をやっています。そこにちょっと工夫や改良をしたものを「新規性」としてOKです!

役割③:データを先行研究と比較できる

研究でよくある内容として「先行研究と比べて優れている」というものが多いです。

例えば速度を競うものを考えます。次の2つではどちらがすごいと思いますか?

  • 10秒でできた!
  • 先行研究では30秒だったのが僕の研究では10秒でできた!

おそらく2つ目の方がすごいと思うでしょう。過去の研究と比較することであなたの研究を説明しやすくします。

シャモ
シャモ

比べた方が説得力があります!

スポンサーリンク

卒論の先行研究を探す方法3選

先行研究の役割について解説しました。卒論を書くなら重要であることが伝わったと思います。

次は先行研究を探す方法を3つ紹介します。

先行研究を探す方法3選
  • Google Scholarを使って単語で探す
  • 先生に似た研究がないか聞いてみる
  • 選んだ論文の引用元か関連研究を探す

それぞれ1つずつ解説します。

方法①:Google Scholarを使って単語で探す

最も一般的な探し方はGoogle Scholarで検索することです。

Google Scholarは学術論文用の検索エンジンです。

まずはアクセスしてみましょう。するとこのような画面に。↓

先行研究はまさに巨人です

あなたが興味ある研究分野の単語を入力しましょう。僕は流行り(?)の「deep learning」を入れました。(日本語もOKです!)

検索してみるとズラッと論文が並べられます。

左側でフィルターをかけられます。右側にあるリンクをクリックすればその論文のPDFを見ることができます。

シャモ
シャモ

PDFはダウンロードできます!オフラインでも見れるようにするのがオススメです!

分野によってはGoogle Scholar以外に論文のまとめサイトがあったりするので先生に聞いてみましょう!

論文を全て読んでいてはすぐに時間が経ちます。論文を探しているときは2つだけで良いので読みましょう!↓

見るべき2つのポイント
  • タイトルを読む
  • アブストラクト(概要)を読む

このタイトルとアブストを読めば論文の雰囲気がわかります。「違うな」と思ったら次の論文を見ましょう!

方法②:先生に似た研究がないか聞いてみる

ある程度あなたがやりたいことが決まっているなら先生に似た論文があるか聞きましょう!

研究初心者にとっては論文のタイトルを見ても興味がある内容かわかりません。自分が探している論文を見つけるのはかなり難しいです。

悩む人
悩む人

論文多すぎてGoogle Scholarから探すのは大変だ。。

そんなときは先生を頼りましょう。あなたの研究が先生の研究に少し近い分野なら似た論文を教えてくれるでしょう。

先生はやはり知識の幅が広いです。ほとんどの場合あなたより先生の方が詳しいので頼りつつ探していきましょう。

シャモ
シャモ

僕も積極的に先生に質問した結果、目当ての論文にたどりつきました!

方法③:選んだ論文の引用元か関連研究を探す

3つ目の探し方は芋づる式で関係する論文を見つけるという方法です。

「この論文、興味ある分野と近い!」という論文を発見した人にオススメです。それまでは①②の方法を繰り返しましょう!

Google Scholarの各論文では「引用元」というクリックできるリンクがあります。↓

なんと27375本もの論文が「Deep learning」を引用しているそうです!引用元が多いほど信頼できる論文だと言えます。

引用元をクリックすると引用している論文がまたズラッと出てきます。これらの論文もあなたの分野に関係する可能性が高いです。

シャモ
シャモ

良い論文を見つけたら関連する論文を読み漁りましょう!

他にも論文自体が引用している論文も関連することが多いです。PDFの下の方にあるのでGoogle Scholarにタイトルを入れると見つけられます。

スポンサーリンク

まとめ:卒論で先行研究は大切なので探そう!

先行研究の役割と探し方について解説しました!内容はこちらです。↓

先行研究の3つの役割
  • 実験やデータの参考になる
  • 先行研究を権威性として使える
  • データを先行研究と比較できる
先行研究を探す方法3選
  • Google Scholarを使って単語で探す
  • 先生に似た研究がないか聞いてみる
  • 選んだ論文の引用元か関連研究を探す

あなたが卒論を書くなら先行研究は必須です!解説した3つの方法で興味ある内容の論文を探してみてください!

先行研究が決まればあなたはスムーズに卒論をクリアできるでしょう。時間がある内に取り組みましょう!

シャモ
シャモ

巨人の肩の上に立とう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました