【理系】卒論がきつい5つの理由と対策を解説【実体験】

卒論
悩む人
悩む人

卒論ってきついのかな?先輩とか見てるときついきついと言っている。実態がどうなのか経験者に話を聞きたい。

こんなお悩みを解決します。

本記事の内容
  • 【理系】卒論がきつい5つの理由を解説【実体験】
  • 卒論のきつさを減らすには先生や親友に相談する
シャモ
シャモ

こんにちは。卒論がきついと感じたシャモ(@shamolife)です。

本記事の信頼性
  • 理系国立大学の情報系の学部卒
  • 残り1ヶ月で卒論を書き始めてギリギリ終えた
  • 卒論に取り組んでかなり病んだ

結論を言うと卒論はキツかったです。

シャモ
シャモ

卒論がきついのは個人的な意見です。

大学4年生のときに卒論がきつくてかなり病んでしまいました。不安や疲れのせいで一人で泣くこともありました。

この記事では卒論がきつい5つの理由を解説します。これから卒論に取り組む方はぜひきつさを知ってもらいたいです。

全て自分が卒論で体験したことなので、あなたも体験するかもしれません。

シャモ
シャモ

卒論のきつさを知っていると楽になります!

後半に卒論がきつい時の対策を説明しています。ぜひ参考にしてください!

【理系】卒論がきつい5つの理由を解説【実体験】

卒論がきつい5つの理由はこちらです。↓

卒論がきつい5つの理由
  • 新規性を求められる
  • 実験の準備がかなり大変
  • 仮説通りのデータが取れない
  • 何の知見も得られない可能性がある
  • 提出までずっと改良しないといけない

文字だけだとわかりにくいので経験を元にして具体的に解説します。

理由①:新規性を求められる

卒論では「新規性」が求められます。

新規性とは

取り組む研究の新しさ

世界で誰もやっていない研究に取り組む。

つまり研究で完全にかぶってはいけないということです。

私たちはこれまで生きてきて他の誰もやったことないことをやった経験はありますか?世界を探せば誰かしらやったことがあることばかりでしょう。

特に日本教育では他の人と同じことをすることを良しとされてきました。

体育や数学など先生や教科書の言う通りにやってきました。新しい発想を鍛えるのは「自由研究」くらいでしょう。

自分で新しいことを考える機会が少なかった私たちに「新しいことを研究しろ」というのは難しいです。

シャモ
シャモ

新しいことを考えるのって意外と難しいですよ!(僕が苦手なだけかも)

もちろんちょっとした新規性もありです。例えば「緑色だけではなく様々な色を試した」「従来研究とは違うデバイスを使った」などなど。

シャモ
シャモ

参考とする研究とはちょっと違うことをしたら新規性です!

かといって何でもかんでも新規性になるわけではありません。新規性のおもしろさ、どんな良いことがあるのかなどストーリーが必要です。

例えば「座って勉強する」を「立って勉強する」に変えたら自分にとって新しいかもしれません。ただ「立つ意味ある?」と言われてしまうんですよね。

こんな時に必要なのがストーリーです。「立てば集中力が上がった」「立てば寝る人が減った」「立てば血流が促進した」などなど良いことやおもしろさがあればOKです。

シャモ
シャモ

「良いことやおもしろいこと」が本当にあるのかを確かめるのも研究です。

新規性を考えるのは意外と大変です。日頃からいろいろなアイデアを出せる人は研究をするのに向いているでしょう。

理由②:実験の準備がかなり大変

実験の準備がかなり大変でした。厳密な事前準備が必要だからです。

少しでも違う内容を実験すると結果が違ってきます。

卒論で書くには「文字起こしができて再現性がある実験」を実施する必要があります。

シャモ
シャモ

距離、高さ、素材、デバイスはもちろん、外部からの影響もなくすべきです。

厳密さにこだわればこだわるほど大変です。

実験設備を用意するのに加え「質問や評価」についてもあらかじめ考える必要があります。

シャモ
シャモ

つまり実験は考えることだらけということです!

小中高での実験とまた違います。自分で実験をするのは意外と大変だということを知っておいてください!

理由③:仮説通りのデータが取れない

実験は仮説(ゴール)に向かって実施することが多いです。やってみたら仮説の通りにデータが取れないことも多くあります。

「Aになるといいな〜」と思って実験すると「Aにならなかった」ということです。

シャモ
シャモ

やってみないとダメだということに気づけないのはよくあります。

「新規性」についてストーリーが必要という話をしました。

ストーリーは「○○をしたら、△△が良くなる!」という新規性を加えるメリットです。

「仮説通りにならない」というのは、実験をしてみたら「○○をしたら、△△が良くならなかった。。」という状況です。

シャモ
シャモ

実験は時間がかかるので新しい実験をやろうとするときついです。

僕の研究でも仮説通りになりませんでした。ただポジティブに捉えると仮説通りにならないことを伝えることが新規性になります。

研究として残念な結果ですが卒論として出すことはできるでしょう。ポジティブに考えていくのは大事です!

シャモ
シャモ

予想通りにならないことが多いのは知っておいてください!

理由④:何の知見も得られない可能性がある

せっかく卒論という機会でも取り組んだことがほとんど何のためにもならないこともあります。

自分で取り組んだ研究がうまくいけば世界の誰かに役立つかもしれません。ただ1年でそれだけの研究成果を上げられる人は少ないです。

文章構成だったり論理的思考力以外に卒論が活躍しない人がほとんどです。研究内容や実験などで得られた経験をなかなか活かせません。

シャモ
シャモ

せっかく1年頑張って何にもならないなら精神的にきついです。

「卒論がきつい」ということを知れたのは良い体験かもしれません。また挫折感を味わうことができました。

しかし、きつさを卒論に求めるのは間違っている気がします。研究や思考法にフォーカスした知見を得られることに価値があります。

ちょっとした発見や新しいことに楽しさを覚えるポジティブさがあれば卒論は楽しいでしょう。考え方次第で「無」も「有」になります!

理由⑤:提出までずっと改良しないといけない

僕が「卒論きついな〜」と感じた一番の理由です。卒論を提出するまで延々と改良を求められます。

シャモ
シャモ

卒論一通りやりました!(めっちゃ頑張ったな〜)

先生
先生

おーひとまずお疲れ様。序論のこの文章わかりにくいから修正お願い。

シャモ
シャモ

序論の文章修正しました!

先生
先生

お、じゃこの実験のとこわかりやすく書き直して欲しい。

シャモ
シャモ

まだ続くか。ちょっと頑張ったから休憩したいな。。

卒論を書き終えても修正は続きます。修正には提出まで終わりがありませんでした。

もちろん高品質な卒論を書くのは良いことです。しかし、いくら頑張って書いた卒論でもリターンは単位と卒業する権利というのが頭にありました。

「卒論に対価を求めるな」という意見もあるでしょう。

僕にとってはリターンが変わらないのに卒論が終わらないことが地獄でした。今まで我慢していた自分のやりたいことをやりたくて仕方がありませんでした。

シャモ
シャモ

ちゃっちゃと終わらせて次に進みたいタイプには卒論が向いてませんでした。先生に悪気はありません。

提出まで終わらない戦いがあることを知っておいてください。もちろん早い時期に卒論に取り組めば終わりも来るでしょう。

卒論のきつさを減らすには先生や親友に相談する

色々と卒論のきつさについて説明しました。大変そうだなと思うものもあれば意外といけそうと思うものもあるでしょう。

卒論のきつさは人によって違います。きつさはあなたの中にあるものなので言わないと伝わりません。

「きついな、つらいな」と思ったら迷わず誰かに相談しましょう。相談するだけでいくらかきつさは和らぎます。

シャモ
シャモ

1人できつさを抱え込むと本当にしんどい!先生も大変さを理解しています。

きつさは積極的に自分以外の人に伝えましょう。一人で抱えるより圧倒的に健康です。

まとめ:卒論はきつい。周りの人に相談しよう!

卒論がきつい5つの理由はこちらです。↓

卒論がきつい5つの理由
  • 新規性を求められる
  • 実験の準備がかなり大変
  • 仮説通りのデータが取れない
  • 何の知見も得られない可能性がある
  • 提出までずっと改良しないといけない

卒論は人生において新しい体験です。あなたも色んな苦しさにぶち当たるでしょう。

きつさを自分で乗り越えるのは大きな成長になります。しかし難しいなら積極的に周りの人を活用しましょう。

シャモ
シャモ

1人で抱えると頭が爆発します。助けてもらうのも大事です。

卒論がキツかったらシャモ(@shamolife)にも相談してOKです。心が病んでしまったらぜひDMかリプライしてください!

シャモ
シャモ

過去の僕のように大変な思いをしている人を救いたいです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました