【理系卒論】書き方・順番と用意すべき重要なもの3つ

卒論
悩む人
悩む人

理系卒論ってどうやって書けばいいんだろう。おすすめの書き方や順番、他に重要なものなどがあれば教えて欲しいです。

こんなお悩みを解決します。

本記事の内容
  • 理系卒論の見出しごとの書き方と順番
  • 理系の卒論で用意すべきもの3つ
シャモ
シャモ

こんにちは。理系大学を無事卒業したシャモ(@shamolife)です。

本記事の信頼性
  • 理系国立大学の情報系の学部卒
  • 残り1ヶ月で卒論を書き始めてギリギリ終えた
  • 時間がなかったので効率化して卒論を進めた

卒論は何かと骨が折れます。ほとんどの人が初めて書くので書き方がわからない人も多いでしょう。

僕は色々とあって1ヶ月で卒論を書かなければいけませんでした。時間がないので効率化する必要があります。

書けるところから書く戦法で進めることで無事に終えることができました。

シャモ
シャモ

焦りで不安だらけでしたが終わってよかったです。

この記事では「理系卒論の見出しごとの書き方と順番」「用意すべき重要なもの3つ」について解説します。

用意すべき重要なものとは「新規性・ストーリー・ゴール」のことです。

この記事を読めば理系卒論を効率よく進めることができます!

シャモ
シャモ

卒論を効率よく進めたい人は必見です!

理系の卒論で見出しごとの書き方と順番

卒論では見出しがあります。見出しを先に並べると構成が考えやすいです。

実際に僕が書いた卒論での見出しの並びはこちらです。↓

論文での見出しの並び
  • 概要
  • 序論
  • 実験
  • 結果
  • 考察
  • 結論
  • 謝辞
シャモ
シャモ

研究室ごとに差があるので先輩の卒論を参考にしましょう!

しかし、一番上の「概要」から書くのはかなり難しいです。上から書くとつまづきやすいので注意しましょう。

オススメな書く順番はこちらです。↓

オススメな見出しごとの書く順番
  1. 謝辞
  2. 実験
  3. 結果
  4. 序論
  5. 考察
  6. 結論
  7. 概要

この順番は「書きやすい順」です。書けるところから書くことで効率良く論文を進めることができます。

次に見出しごとにザッと書くべきことをまとめます。

卒論の見出し①:概要

概要は論文の全体像です。

概要を読めば論文の内容を大まかに理解できるようにしましょう。

全体像を書くためには全て終わらせる必要があります。概要は最後の方に書くのがオススメです。

卒論の見出し②:序論

序論で必要なのは「研究背景」「関連研究」です。

なぜ研究をしているのかを書きます。

後で書いていますが「新規性・ストーリー・ゴール」を書く部分でもあります。

あなたの論文の立ち位置を示す部分です。

先行研究も序論で書いていきます。次の記事もぜひ参考にしてみてください。
≫ 卒論における先行研究の役割と探し方3選【必須】

卒論の見出し③:実験

ここで書くのは「実験の概要」「システム・設備」「被験者」などです。

できるだけ再現性があるものを書くのがオススメです。

曖昧な部分が減ることで論文の信頼性がグッと上がります。

実験はやっていなくても実験の準備などは書くことができます。実験をやる前に手順として卒論にまとめると効果的です。

シャモ
シャモ

実験は先に書いてしまおう!

卒論の見出し④:結果

実験で得たデータなどの結果をそのまま書きます。

「結果」に書いたデータを使って考察や結論につなげていきます。

実験が終わった段階で書くことができます。そこまで頭を使わなくて良いので書きやすいです。

卒論の見出し⑤:考察

考察で書くことは「結果から考えられること」「今後の課題」です。

データからわかることを書くので頭を使ったり計算したりします。

実験をするなら統計の分析も意識してデータ取りを工夫することをオススメします。

統計的にデータを検証できると結論がかなり書きやすいからです。

シャモ
シャモ

僕は考察でかなり時間がかかりました。。

また今回の課題で不足している部分があれば今後の課題にしていきましょう。

卒論の見出し⑥:結論

ここで書くことは「考察でわかったことのまとめ」です。

序論にある「ゴール」を達成できているかも書きます。

できるだけ簡潔に書くのがオススメです!

結論は考察の後に書くので最後の方になります。

卒論の見出し⑦:謝辞

謝辞は研究に関わった人に感謝する章です。

謝辞は今すぐ書きましょう!

先輩の卒論を参考にすればどのように書くべきかわかるでしょう。

シャモ
シャモ

何もしていなくても謝辞は書けます。

理系の卒論で用意すべきもの3つ

理系の卒論ではテーマ選びの時に次の3つも作っておくことをオススメします。

理系の卒論で用意すべきもの3つ
  • 新規性
  • ストーリー
  • ゴール

この3つがあれば序論が劇的に書きやすくなります!できるだけ早く用意しましょう。

用意すべきもの①:少しでもいいから新規性

論文では新規性が必要です。もう誰かがやっているものはやらなくて良いからです。

悩む人
悩む人

新規性なんか僕には思いつかない。。

シャモ
シャモ

ほんのちょっとしたことでOKですよ!

例えば先行研究の「今後の課題」を試してみるのもアリです。

ちょっと捉え方を変えて違う応用をしてみるのも良いですね。

とにかく先行研究にちょっと付け足してみるということをオススメします!
≫ 卒論における先行研究の役割と探し方3選【必須】

用意すべきもの②:簡単なストーリー

新規性を見つけたらストーリーやメリットを考えましょう!

新規性があっても「新規性は必要か?」と聞かれてしまいます。

この新規性があると「○○ができる」「○○に近づく」「○○に応用できる」というような良さを考えてみましょう。

シャモ
シャモ

ストーリーがめちゃくちゃ難しいんですよね。

難しかったら先生にも相談してみましょう!

用意すべきもの③:ゴール

新規性を実現するためのゴールを決めましょう!

具体的には「Aと比べてBの方がよかったら達成!」「80%以上の効果を示せたら達成!」などです。

ゴールは統計的な考察とも絡んでくるので先生と慎重に決めることをオススメします。

ゴールを決めておくとかなりスムーズに研究・卒論を終えられます。

シャモ
シャモ

先行研究のゴールを参考にできることもあります!

まとめ:卒論は大変だけど少しずつ書き始めよう

「理系卒論の見出し」「用意すべきもの3つ」を解説しました!

理系の卒論で用意すべきもの3つ
  • 新規性
  • ストーリー
  • ゴール

「新規性・ストーリー・ゴール」の3つはできるだけ早く先生と決めましょう!テーマ決めの段階で決められるとより良いです。
≫ 【理系必見】卒論のテーマの決め方【全て決まる】

テーマを決めてしまった人は今からでも3要素を考えましょう。

あとは書ける見出しから卒論を進めましょう。実験を実施する前から手順などを論文にまとめてしまうことをオススメします。

シャモ
シャモ

今からでも卒論を進めましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました