【無料】SEOチェキの使い方とわかること6つ

SEO
スポンサーリンク
ブロガーが登録すべきASP
もしもアフィリエイト

●サイトなしでも登録OK!
●Amazonと楽天のアフィリエイトができる!
●W報酬制度で報酬が12%UP!

悩む人
悩む人

SEOチェキって何がわかるんだろう。おすすめな使い方とわかることを教えてほしい。

こんなお悩みを解決します。

本記事の内容
  • SEOチェキの使い方
  • SEOチェキでわかること6つ

SEOについて調べていると「SEOチェキ」という単語を見たことがある人も多いはずです。

SEOチェキは無料で使えるSEOツールです。サイトに関する情報をURLを入力するだけで調べてくれます。

シャモ
シャモ

自分のサイトはもちろん有名ブロガーのサイトを調べてもおもしろいですよ!

この記事ではSEOチェキの使い方とわかること6つを解説します。

ちなみにSEOチェキでわかること6つはこちらです。↓

SEOチェキでわかること6つ
  • サイトSEOチェック
  • 検索順位チェック
  • キーワード出現頻度チェック
  • 発リンクチェック
  • Whois情報
  • HTTPヘッダー情報
シャモ
シャモ

何のことだか分からなくてもOKですよ!

スポンサーリンク

SEOチェキの使い方

SEOチェキはURLを入力するだけでサイトのデータを調べられます!

シャモ
シャモ

「使い方」とはいってもめちゃくちゃカンタン。

まずはSEOチェキにアクセスしましょう。
SEOチェキ

続いて、URLを入力して「チェック!」。

URLを入力して「チェック!」

情報がいろいろと出てきます。誰でもURLを入力すれば見れるので隠していません。笑

ブログ名や外部リンク、内部リンクなどもわかります。

インデックス数はGoogle・Yahoo!の検索エンジンに認識されているページ数です。インデックス数が多いほど記事数が多いというイメージです。

サーバーやドメイン取得日などもわかったりします。

XSERVERを使っていることやドメイン取得日がバレちゃう。笑

エックスサーバー はSEOチェキの表示通り僕も使っていて安定しているサーバーなのでおすすめですよ!XSERVERでのブログの始め方を解説しています。↓

スポンサーリンク

SEOチェキでわかること6つ

SEOチェキでは大きく分けて6つわかることがあります。↓

SEOチェキでわかること6つ
  • サイトSEOチェック
  • 検索順位チェック
  • キーワード出現頻度チェック
  • 発リンクチェック
  • Whois情報
  • HTTPヘッダー情報

知らない単語も多いでしょう。これらがわかると、どんなことがわかるのかを解説します!

①サイトSEOチェック

「SEOチェキの使い方」の通りにするとサイトの情報が丸わかりです!

サイトのSEO情報
  • title・meta description・meta keywords・h1タグ
  • 最終更新日時
  • ファイルサイズ
  • 発リンク数(内部リンク・外部リンク)
  • Google・Yahoo!のインデックス数
  • サーバー
  • ドメイン取得日

などなど

有名ブロガーや強いサイトを見るとインデックス数が多くて驚きます。ライバルサイトのインデックス数を調べてもいいですね。

インデックス数

Google・Yahoo!の検索エンジンに認識されているページ数

シャモ
シャモ

センスだけではなく努力にも差があることに気がつきます。。

有名ブロガーの使っているサーバードメイン取得日などを知れるとおもしろいですよ!

シャモ
シャモ

同じサーバーだとなんだか嬉しい。笑

②検索順位チェック

同時に3つまでキーワードの検索順位を調べられます。

Googleは100位まで、Yahoo!は10位までです。

すぐにキーワードの順位を調べたい方にはおすすめです!

継続的にキーワードの順位を調べたいならGRC (Windowsのみ)を使いましょう。10キーワードまでなら無料で使えるのでまずは体験してみるのがおすすめです。

③キーワード出現頻度チェック

URLを入れることでキーワードの出現頻度がわかります。

そのブログやサイトがどのキーワードに力を入れているのかがわかります。

シャモ
シャモ

ライバルサイトのキーワードも大まかに知ることができます!

就職をテーマにしているブログなら「就職」「転職」「就活」というキーワードの出現頻度が高くなるでしょう。

どんなブログかキーワードだけでわかるのでおもしろいです。

④発リンクチェック

発リンクは「内部リンク」と「外部リンク」がわかります。

さらにnofollowリンクや実際のURLもわかってしまいます。

ただ、URLページの情報しかなさそうです。全体の発リンクを調べるのは難しそうです。

記事URLにしてみるとわかることもあります。

シャモ
シャモ

僕はあまり活用できていません。。

⑤Whois情報

「Whois情報」はインターネットにおけるブログ運営者の登録情報です。

Whois情報の例
  • ドメイン名
  • 登録日
  • IPアドレス

などなど

大手のドメインサービスなら「Whois代行」として個人情報は守られているので安心です。

シャモ
シャモ

僕はエックスドメイン でドメインを取得しました!

Whois代行をしていないなら情報漏れも可能性としてはあるので注意しましょう。

シャモ
シャモ

犯罪捜査などでWhois情報が活用されることもあるらしい。個人が使うことは少ないはず。

⑥HTTPヘッダー情報

HTTPヘッダー情報はサーバーソフトウェアや最終更新日などがわかります。

シャモ
シャモ

プログラマじゃなければ必要ないです。

もし自分でサーバーを作って運営しているなら、ちゃんと動いているのかチェックできますね!

スポンサーリンク

まとめ:SEOチェキはURLだけでわかることが6つもある

SEOチェキはURLを入力するだけで簡単にSEOの情報をチェックできます!

SEOチェキでわかること6つはこちら。↓

SEOチェキでわかること6つ
  • サイトSEOチェック
  • 検索順位チェック
  • キーワード出現頻度チェック
  • 発リンクチェック
  • Whois情報
  • HTTPヘッダー情報

この中でも「サイトSEOチェック」「検索順位チェック」は個人ブロガーでも色々と活用できます!

ぜひ自分のブログや気になるブロガーのサイトのSEOをチェックしてみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました