XMのスプレッド一覧表まとめ。口座タイプごとに比較!

XM
XM

●口座開設だけで3000円のボーナス!
●レバレッジ888倍!
●日本語サポートも充実!
●追証なしのゼロカットシステム!

悩む人
悩む人

XMのスプレッドを知りたい。通貨ごと、口座タイプごとに比較したいな。

こんなお悩みを解決します。

この記事でわかること
  • XMの主要銘柄のスプレッド
  • XMの口座タイプごとのスプレッド比較
シャモ
シャモ

こんにちは。XMでFXトレードしているシャモです。

この記事ではXMのスプレッドについてまとめています!

結論としてXMなどの海外FX業者のスプレッドは国内のスプレッドよりも広いです。

ただ、レバレッジが国内だと25倍なので、トレードするにはある程度の資金が必要です。

シャモ
シャモ

資金が少ない人はレバレッジ888倍のXMがおすすめです!僕は1万円からスタートしています。

XMの特徴をさらに知りたい人は次の記事を参考にしてみてください!
XMの評判まとめ!メリット・デメリットを徹底解説

XMでも通貨ごと、取引口座タイプごとにスプレッドの差があります。

USDがからむ「ドルストレート」と、円がからむ「クロス円」について表にしています。

もし口座タイプについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。
取引口座タイプ

XMのスプレッド一覧表【ドルストレート】

スタンダード口座とマイクロ口座のスプレッドは同じです。

ゼロ口座では手数料として1ロットあたり往復で10ドルかかります。結果として、約1pipsだけスプレッドが広がります。

通貨ペア(平均pips)スタンダード、マイクロゼロ
USDJPY1.61.1
(0.1)
EURUSD1.71.1
(0.1)
AUDUSD1.91.4
(0.4)
USDCHF2.11.4
(0.4)
USDCAD2.21.5
(0.5)
GBPUSD2.41.3
(0.3)
NZDUSD2.72.0
(1.0)

スプレッドで選ぶなら、ゼロ口座がいいかもしれません!

ただ、ゼロ口座は「ボーナスが口座開設の3000円のみ」「最大レバレッジが500倍」というデメリットもあるのでご注意を。

XMのスプレッド一覧表【クロス円】

通貨ペア(平均pips)スタンダード、マイクロゼロ
USDJPY1.61.1
(0.1)
EURJPY2.31.4
(0.4)
AUDJPY3.32.2
(1.2)
CHFJPY3.32.1
(1.1)
CADJPY3.42.4
(1.4)
GBPJPY3.62.2
(1.2)
NZDJPY3.03.0
(2.0)

クロス円もゼロ口座の方がスプレッドが小さいですね。

ドルストレートとクロス円だと、明らかにドルストレートの方がスプレッドが狭いですね。

スプレッドをできるだけ狭い状態でトレードしたいならドルストレートがおすすめです!

シャモ
シャモ

スプレッドは狭い方が精神的にいいです!

まとめ:スプレッドが狭いドルストレートがおすすめ

XMのスプレッドについてまとめました。

スプレッドは短時間トレードをやる人ほど重要になってくるので知っておきましょう!

通貨としては、ドルストレートのスプレッドが狭いです。

取引口座タイプとしてはゼロ口座のほうがスプレッドが狭いです!

シャモ
シャモ

僕はレバレッジを大きくかけられるスタンダード口座を使っています!

紹介しきれなかった銘柄のスプレッドはXMのサイトで「取引商品」→「FX取引」で見ることができます!

ぜひ参考にしてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました